産婦人科の仕事内容

10月 31, 2015 · Posted in · Comment 

産婦人科には幾つかの施設形態が挙げられます。一般的に妊婦に利用される病院の種類として私立病院や公立病院があり、分娩を専門的に扱う診療科が設置されている事から、利用する方が多い場所です。

産婦人科で働く際には、医師の診察補助やバイタル測定など、基本的な看護スキルが要求されることに加え、指導的な立場を担う事が多く、妊婦に必要な妊娠時の健康管理の教育や、分娩後のサポート、育児指導なども求められます。そのため、出産や育児経験のある女性にはより働きやすい職場となる事が一般的です。
母体や胎児に何らかの異常がある場合、出産を手助けする特別な施設があります。新生児や胎児集中治療室はその際にメインとなる治療場所です。集中治療室を完備した医療機関では、妊娠中の早産が原因で急患で運ばれてくる患者も多いので、ナースには二十四時間体制での勤務が必須とされます。そのため、一般的な病院に勤務するナースとは異なり、救急処置の技術や、出産のリスクを低下させるために必要な高度なスキルも求められる事が多く、分娩に関する医学的な知識だけではなく、集中治療室で求められる専門性に長けた知識も必要です。集中治療室を完備した産婦人科は緊迫した職場となることから、看護師の精神的な負担も大きくなりがちですが、集中治療室で培われた専門性の高い能力は、ナースとしてのキャリアを磨く上でも大変役に立ちます。出産時には、早急な対応が多々求められるため、スピーディーな対応能力も身に付くでしょう。

  • Recent Posts